スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォークマンが中高生に支持され始めている

記事URL:ウォークマンがiPod抜いた理由 中高生ら若者に支持される?

ウォークマンA850シリーズ

数年前のiPod一色の時代からは確実に変化してきています。
ちらほらウォークマンを見かけるようになり、少しずつウォークマンのシェアが増えてきました。
8月の月間販売においてはウォークマンがiPodを逆転したそうです。

華やかなiPodの影で堅実に機能や使い勝手を改善し続けたウォークマンですが
某巨大掲示板やその他サイトをみてもやっと評価されてきた感があります。

自分は当初iPod miniを使い、数ヶ月使ってバッテリが死亡してからは
ずっとウォークマンを買い換えながら使い続けてます。
つまりソニーウォークマンを評価しているということです。

私がウォークマンを評価してるのは、2005年以降のユーザーからの意見を取り入れて改善する姿勢にあります。
確かに以前のソニーはユーザーのことを考えず、利権のことばかりを考えて頭が固くて仕方がない組織でした。
当時から音質やバッテリなどの性能・ハードの出来には光る物があったのですが、その売り方や転送ソフトウェアに問題がありました。

ですが、徐々にそういった姿勢が改善され、本当に少しずつですが様々なことが改善の方向に向かいました。
挙げればきりがないくらいありますが例えば以下のようなことです。

  • ATRACのみ対応だった対応コーデックが今ではAAC・MP3・WAVE・WMAなど幅広く対応
  • 転送ソフトを介さないドラッグ&ドロップ転送に対応
  • A1000以降の機種において圧倒的な動作レスポンスの改善
  • 積極的な価格の値下げ
  • ブックマーク機能などの復活
  • 各種不具合の改善

    • これからも頭の固い売り方をすることもあるかもしれないですが、ユーザーの反発や意見が大きくなれば今後も改善してくれることでしょう。
      加えて、電車大国日本において非常に相性の良いノイズキャンセル機能の搭載もiPodにない大きなメリットになりました。
      あと個人的には耐久性においても評価しています。
      買い換えながらにはなりますがこれまで5年ほどウォークマンを使ってきて長く使ってきましたが一度も壊れていません。
      メモリ型ウォークマンにはソニータイマーは存在しないように思えます。
      一度だけ自分でイヤホンを壊してしまったことがありますが、このときはワイド保証を使って新品に交換してもらえました。

      今は間違いなくソニーとアップルの2強時代と言えるでしょう。
      数年前は国内メーカー内でもパナソニックやケンウッド、東芝も頑張っていたのですが、
      最近はMP3プレーヤ事業から離れたのか新たな話題が聞こえてきません。
      ちょっと残念ですが。
      選択肢は多いほど良いですからね。

      今後も国内メーカーのソニーに頑張って欲しいところです。

      続きを読む

      スポンサーサイト

新型iPod nanoの画像

ipod nano新型/new

カラバリすげーw

新ウォークマンも多いと思ったけど新iPodは更に凄かった。

まだ定かではないですが容量は16GBと8GBの二種類らしいです。

ソニー、日本でも新型ウォークマン発表

記事URL:http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080908/sony1.htm

新型iPodよりも一足早く発表ですね。

so1_01.jpg


発表された機種はSシリーズでコストパフォーマンスのよい中間モデルです。
ですが現在の上位モデルとほとんど遜色ないほどに高機能化されているようですが。
高機能、高性能のAシリーズはiPodが発表された後に発表でしょうかね。

本体の色は4色+4色であわせて8色とかなり豊富。
nw-s c1.jpg

nw-s c2.jpg
ノイズキャンセルが付いているモデル(上)は高級感のある色使い、
低価格なモデル(下)はポップな色が多くなっているようです。

動画や写真、音楽はもちろん、電車などでとても便利な外部の騒音をかき消してくれるノイズキャンセルも搭載。
ひずみを少なく低音を増してくれるクリアベースやサラウンド機能(VPT)などの音質機能もいつも通り入ってます。
そこらへんの説明は以下動画で実験してくれてます(要ニコニコID)


主な新機能はPodCastに正式に対応したことと、
曲調をウォークマンが分析して自動でプレイリストを作成してくれるおまかせチャンネルを新たに搭載。
リラックスやアクティブなどいろいろな種類があるようです。
個人的におまかせチャンネルはかなり興味あり。
それと細かい部分では液晶の画質向上、WMVに対応、音質向上などがあるみたいです。

それぞれの型番はNW-S730F(NW-S739F等)、NW-S630F(NW-S639F等)、NW-S630FK(NW-S638FK等)となっています。
型番からいってNW-S710FシリーズとNW-S610Fシリーズの後継機ですね。
順次いまのSシリーズは発売を終了してこの新Sシリーズへと切り替わるでしょう。

カラーがとても多くなっており壁紙機能追加など初心者の方や女性もターゲットにした感じがします。
俗に言うスイーツをターゲットにしたって感じでしょうかw
下位モデルでこの方針はかなり良いと思います。

これといった新機能もありませんが順当な進化をしています。
画面サイズは大きくなりウォークマンの得意とする電池持ちは更に向上し40時間に。
個人的にデザインもかなり改善されたように感じました。
音質もいままで通りに期待できるでしょう。
本体の性能ではiPodといい意味で差別化できていると思います。
それでいて市場価格はだいぶ抑えられています。

これは結構売れるのではないでしょうか。
あとは転送周りの改善をお願いしたいのですが・・・
ソニーさんに是非D&D転送対応、もしくはSonicStageCPのバージョンアップをお願いしたい・・・w

有志の方がWinampプラグインでも作ってくれれば最高なのですがw
すでにSonicTunesというiTunesのプレイリストを転送するソフトはあるのですが
いかんせんiTunesも重いのであまり使いたくないのです。
自作フリーソフトが作れるようになったら転送ツール作るのが夢です。
なんてどうでもいい夢なんだろう。
データベースの仕様が分からずまずそこで無理でしょうがww

9/10に一部追記しました。

欧州で新型ウォークマン発表

ソース:http://mp3.generationmp3.com/2008/08/28/ifa-08-nouveaux-sony-walkman-series-e-s-et-b/

海外で新ウォークマンが発表されました。
日本ではまだ発表されていませんがいつもどおりに順次発売されるかと思います。
今回は最上位機種の発表はなくEシリーズ、Sシリーズ、Bシリーズのみとのことで、
真新しい機能などはないのですが性能の底上げがなされています。
NW-S730F/S630Fは音楽は動画が見れるタイプでは最長の40時間になってます。
最高で16GBまでで今回は32GBは無しの模様。

あとは新機能としてSensMeというのがあるみたいです。
音楽フォーマットを問わずに解析した結果から自動で楽曲を分類し、プレイリストを作成する機能だそうです。

詳しいカラーのラインナップなどはソースのリンク先へどうぞ。
個人的にデザインが改良された感じがします。
レッドとかメタリックで結構かっこいい感じです。
ウォークマン

私はNW-A829を所持しているので今回はスルーですが、
NW-A808を気に入ってるユーザーなど買い換えるならこれがおすすめです。
ほとんどデザインも一緒ですし本体の使い勝手も相変わらずよさそうです。

日本では転送はSonicStage縛りなわけですが、
そうすると決めたならバージョンアップくらいしてくれよと。
D&Dも対応してくれれば最高なのですが。

プロフィール

エル

  • Author:エル
  • blueneo.jpの管理人。プログラマを目指す学生…だったのですが無事ウェブ系開発者になれました
    楽をするための努力は惜しまない
カテゴリー
リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。